スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原発2号機、核分裂の可能性 ホウ酸水を注入 

一番必要なサプリ ゼトックス

福島第一原発2号機、核分裂の可能性 ホウ酸水を注入

東電!『冷温停止だ。』って言ってたじゃねーか!!!

福島第一原発2号機、核分裂の可能性 ホウ酸水を注入

東京電力福島第一原発2号機で、原子炉格納容器内の気体から半減期の短い放射性のキセノンが微量検出され、核分裂反応が起きている可能性があることから、東電は2日午前2時50分ごろ、核分裂を抑える性質があるホウ酸水の注入を始めた。原発敷地内の放射線量を測るモニタリングポストの測定値には変動はみられないという。


ホウ酸を注入ですよ。まだ事故が起こってからまったく収束に向かってません。

時間が経ってきて情報が多く出すぎて皆さん原発関連のニュースに嫌気がさしていると思いますが、まだまだしっかりと見届け続け、未来に少しでも汚れていない日本を受け継いで貰うために今の大人が頑張っていかないといけないと思います。

ありがとうございました。感謝。

一番必要なサプリ ゼトックス

スポンサーサイト

「わたしたちの涙で雪だるまが溶けた」梓書院 

今、一番必要なサプリ ゼトックス

ブロ友さんの記事に紹介されていた本を読んでみたくなったので、早速注文しました。

untitled.jpg

5年後に確実に起きる未来。この作文集は、主に中等学校(11年制で、6歳から16歳までの子どもが学ぶ)の高学年の生徒たちによって書かれますた。事故が起きた時、この子達はまだ幼くなにが起きたのかを正確に理解することができなかったのでした。そんな彼らが成長して書いた文章です。

ちょっと抜粋。

「心に秘めた願望」  エブゲーニ・ペトラシェービッチ(男) 
               中等部10年生 カリンコビッチ地区

 この森には何でもあった。草原は僕を引き寄せ、友達と長い時間を過ごした。
森はキノコの王国だった。
 しかし今は、すべて過去のものとなってしまった。
僕たちの村、ミノフビッチでの放射能の測定値は5キュリーに達した。
昔とはまったく違う村になってしまった。
 

チェルブイリは僕たちから、平穏、未来への希望、幸福への確信をすべて奪い取ってしまい、今はただ恐ろしい悪夢の時代になってしまった。
 僕は学生で、よく勉強している。僕や友達が熱望することは、将来、新聞、ラジオ、テレビが報道している禁止事項がすべてなくなってしまうことである。
 大祖国戦争のとき、ベラルーシ国民は多大ば犠牲を払った。
 4人に1人が死んだ。
 残忍なチェルノブイリは、何万人もの人々の命を奪い取去り、何万人の子どもを病院や診療所にたたきこんだ。
 テレビで親たちが最後の望みをかけて、骨髄移植のために息子や娘を国外につれていく費用を協力してほしいと訴える様子は見るに堪えなかった。
 血液のがん。これは治療の困難な現代の病気である。

罪深いチェルノブイリはとうとう僕にも甲状腺の病気をもたらしてしまった。今後どうなっていくのか、予測はできない。
 最近、僕はアリョーシャ・クリーガのチェルノブイリに関する本を読んだ。
彼はブラーギン地区病院の監査委員のメンバーとして従事した時のことを書いている。
 その本のあるページに記載してあった診療登録されたカルテのデータは、心の痛みなしには読むことができなかった。
 エレナ・D 1985年生まれ 線量 396レム
 アンドレイ・G 1985年生まれ 線量 788レム
女の子や男の子が百名以上も、甲状腺の被ばく線量の数字とともに並んでいる。
なんと恐ろしいことだ。
 戦争があったわけでない。爆弾が落とされたわけでない。
 地雷が落とされたわけでない。
だが、子どもたちが死んでいく。
これが戦争でなくてなんであろう。災難は音もなく、裏切りもののように忍び寄ってくる。
僕たちは何のために生きているのだろうか。
森の中に入るのは禁止。草原で遊ぶのは禁止。
魚釣りも禁止。しかし、生きることは許可する。人間の命はなにものにもまさり尊いと言いながら、農民の子どもが自分の血でのどを詰まらせている。
ナローブリャの男の子が授業中に気絶する。
ブラーギンでは先生が女の子の出血を止められないでいる。
なぜ、こういうことに目を向けるのであろうか。
この不幸なこどもたちを救うためには何ができるだろうか。
 
チェルノブイリの苦痛。この問題は永遠の課題になってしまった。
僕たちはみな、チェルノブイリによって刻印を押された無実の囚人である。このような生徒はベラルーシに50万人いる。
僕たちはストロンチウムに汚染されたリンゴを食べ、セシウム入りの牛乳を飲み、致死量の放射能に汚染された土の上を歩き、そこで遊んでいる。
 チェルノブイリの悲劇はわれわれの健康、魂、運命を損ない続けている。
 僕はこんなことが起こるのは嫌だ。僕たちはみんな将来によりよい希望を持って生き、遊び、楽しみたいのだ。




「暗い夜になる前に 」マリア・ゴルフビッチ(女13歳)
              ソコビッチ中等学校7年生 ソリゴルスク地区

 チェルノブイリが私の小さな村を荒らしたとき、私はたったの5歳だった。
不幸は私の家も避けはしなかった。
 兄のミーシャは、今もなお無慈悲に人々をなぎたおし続けている恐ろしい病気、ガンで死んだ。

 医者は放射能のせいだと言った。

 ミーシャは、20回目の春を迎える一週間前に死んだのだ

 今では、ガンがチェルノブイリ事故の影響であることを疑う人はいない。
 なぜ、私の兄に恐ろしい白羽の矢がたったのか。
 なぜ、今死んでいく何千人もの人々に白羽の矢がたったのか。

 兄は死ぬ前に、もう歩けなかった。
 兄は私にこう頼んだ。

 「僕のそばに座って、マーシェンカ、美男子になるように髪をすいてくれないか」と。私は黙ってうなずいた。

 兄は暗い、生気のない目でただ私を見つめるだけだった。

 そして、私は一人祈りつづけた。

 命の灯りを
 消さないで 瞳さん
 暗い夜になるまえに

 家族みんなつらかった。
 私と母はミーシャをがっかりさせないように、こっそり泣いた。
 こうやってチェルノブイリはわが家に侵入し、壁にかかる遺影として永久に住み着いてしまった。
 
 時は進む。人々は以前人生の出来事を思い出すとき「戦争前、戦争後」と
言っていたが、今では「チェルノブイリの前、チェルノブイリの後」と
言っている。それは悲しい歴史の区切り目となってしまったのである。


 チェルノブイリの悲劇は、私たち皆に慈悲、思いやり、良心を要求している。

 なぜなら、それがないところには不幸が住みついてしまうからである。
でも今わがやには不幸がいすわっている。それは出ていこうとはしない。

 何年たっても何世紀たっても
 この痛みは私たちから去らない
 それはあまりに大きく果てしなく
 どうしても鎮められない
 それは負の遺産として
 何世紀も 私たちの子々孫々に残るだろう
 そして彼らの心に居すわって
 永遠に平静を奪うだろう
 地球上の一人ひとりが
 このおそろしい年
 おそろしい日を覚えていますように


他にもこんなニュースがあります。

チェルノブイリ被害者14才少女 ほしい物は?に「モルヒネ」

これが今後日本で起こる出来事です。

この事故の当事者である東電前社長の退職金が5億やら6億やら言われてます。これだけ多くの人の生活を根こそぎ台無しにしても尚、意気揚々と生活をしてるわけです。国に支援を頼み、自分達の資本は守る。汚い言葉を使って罵りたいですが、止めときます。

福島県では93歳のおばあちゃんが『老人は(避難の)あしでまといになる』と自殺しています。

毎日jpで記事があったんですが、今はもう削除されてます。

 ◇女性が家族に宛てた遺書の全文
 このたび3月11日のじしんとつなみでたいへんなのに 原発事故でちかくの人達がひなんめいれいで 3月18日家のかぞくも群馬の方につれてゆかれました 私は相馬市の娘○○(名前)いるので3月17日にひなんさせられました たいちょうくずし入院させられてけんこうになり2ケ月位せわになり 5月3日家に帰った ひとりで一ケ月位いた 毎日テレビで原発のニュースみてるといつよくなるかわからないやうだ またひなんするやうになったら老人はあしでまといになるから 家の家ぞくは6月6日に帰ってきましたので私も安心しました 毎日原発のことばかりでいきたここちしません こうするよりしかたありません さようなら 私はお墓にひなんします ごめんなさい
毎日JP(毎日新聞) 2011年7月9日 2時32分(最終更新 7月9日 11時39分)


現場で殉職された作業員の家族にはこんな対処。

スクープ この5月に福島第一原発で死んだ作業員に「たったの50万円」



なんてっこた。嘘を堂々というお偉いとされてる政治家。電気代を上げないとダメなんですと嘘を言う電力会社。こんな時代だからこそもっと本気のPankを持って生きます。

国の決めた基準値なんか信用するな。




ありがとうございました。感謝。

今、一番必要なサプリ ゼトックス

“巨大ブドウ”実る 伊達のコスモス直売所で展示 

一番必要なサプリ ゼトックス



http://www.minyu-net.com/news/topic/0918/topic6.html

“巨大ブドウ”実る 伊達のコスモス直売所で展示

展示されたブドウ。酒井会長の持つ500グラムのブドウの約3倍

 伊達市梁川町東大枝のコスモス直売所(酒井実会長)に、通常の3倍ほどの大きさのブドウ「高尾」が展示され、来店者の目を楽しませている。
 酒井会長が自身の果樹園で栽培した。通常のブドウの500グラムに対し、1.5キロ前後と重さも3倍。試食可能で、実がなくなるまで展示する予定。18、19の両日に同直売所で開く売り出しを前に、風評被害を吹き飛ばそうと展示。売り出しは両日とも午前8時30分から午後5時30分まで。
(2011年9月18日 福島民友トピックス)


0918topic6.jpg

伊達市は福島第一から北西に位置してます。

なんともいえませんが、通常の3倍まで大きくなる事が普通の自然界でよくあるんでしょうか?

一番必要なサプリ ゼトックス

佐藤瑛気さんの話 

一番必要なサプリ ゼトックス

福島県から避難されてきた心理セラピストの佐藤瑛気さんの話です。

生々しく、悲惨な状況が解ります。


フクシマから岐阜に避難してきた人の話
2011年 8月 28日 12:00《愛知》 《福島》 【フォト】 【取材ニュース】 <原発>
Esaman

8月23日、三重県桑名市にある、ライヴもできるカフェFORUMで、
フクシマから非難してきた人の話を聞く機会がありました。

このお店では「投げ銭義援金ライブ」を月一回程度開催しており、
その企画の中で実際に避難してきた人の話がありました。

FORUMで開催されたUSTREM中継(避難してきた方の話以外にもライヴ映像もあります)
http://www.ustream.tv/recorded/16829136

話をしたのは、心理セラピストの佐藤瑛気さんです。

●佐藤瑛気さんの話
(分かりやすく再構成している部分や、USTREAM以外で聞いた話を加えている部分もあります)


桑名のカフェFORUMで話をする。フクシマからの避難民、佐藤瑛気さん。
震災直後は騒然としていました。
放射能については、誰も危ないといってはくれませんでした。
震災のあと数日後にの12日~15日ころなどは、スーパーなども青空市場となって再開していました。
あとになって、一番放射能が高い時期だとわかったのですが、
誰もそのような危険性を知らせてくれなかったので、
自分と娘はその青空市場にかなりの時間並んでしまいました。

福島市内には放射能の多いホットスポットが点在しています。
ホットスポットといっても、公園がロープで囲われていて入るなと紙が貼ってあるだけです。
自分の娘の通う学校が放射線量が高いホットスポットだと知ったのは、
娘の学校が何度もTVに映されたかからです。
娘は面白がっていますが、親は気がきではありません。

自宅の放射線値をガイガーカウンターを借りて計ってみたところ、
自宅前で2.9、玄関で0.9 屋内で0.5。
3.9でホットスポットといわれるので、かなり高い数字でした。
テレビのアナウンサーは、この値はレントゲンのエックス線と同じ値だといいますが、
レントゲンは一日中あびません。
この値の放射線をずっと浴びつづけたら大変なことになると、
7月になって気がつきました。
それでも多くの人が避難していません。
その理由は情報がないからです。
放射線量が高いのいので子供は集団非難したほうがよいという記事は、
こちらの新聞には乗っていますが、フクシマの新聞には掲載されていません。
テレビなどで流されているのは「ガンバロウ福島」というかんじのものばかりです。
フクシマの人たちの間には大丈夫ムードがあります。
こちらに避難してから、テレビで放射能特集の番組をやっていたので、
まだフクシマにいる知り合いに電話したところ
同じ時間にお笑い番組をやっていた、ということがありました。
情報管制がしかれているのではないかと疑うほど情報がありません。
フクシマの知事も当初はフクシマからの避難の受け入れは必要ないといっていたので、
周辺の県でも避難の受け入れがはじまりませんでした。
隣の山形での避難受け入れがやっとで7月に始まりましたが、申し込みが殺到してすぐに一杯になりました。

私の住んでいた地域では、学校の校庭は除洗したけれども、
通学路は除洗していません。放射線量も高いままです。
そのような状態なのにテレビでは除洗モデル地区として通学路の映像が流されています。

そのような地区で、娘は暑いのにマスクをして通学して、
避難するまでの4ヶ月の間、外で遊んでいました。

娘の学校に授業参観にいったのですが、学校内ではマスクはしていませんでしたが、
教室の校庭側の窓がすべて閉められていました。
廊下の窓はあいていましたが、汗ダラダラの暑さでした。
扇風機が4機あって動いていましたが、暑い空気を循環させるだけなのでより暑い感じがしました。

テレビ番組で、その学校のプールサイドで放射能測定機の針が振り切れるということがありました。
学校側はプールの水を抜いて除洗しましたが、保護者の猛反対にあって、プールの授業は
市内の室内プールで行うことになりました。
その室内プールは、いろいろな学校がつかっているので、プールは週に1日だけです。
プールも水を足でバチャバチャしただけで終わってつまらないと娘が言っていました。

放射能は目に見えません。
避難する前に庭いじりをしていたときに、自分と妻の手の指がただれるということがありました。
これが放射能のぜいかどうかは分かりませんが、とても気になります。

チェルノブイリのかけはし」というチェルノブイリの子どもを北海道に避難する支援をしているNPO法人の代表の方の講演会を聞きにいく機会がありました。
避難してきたチェルノブイリから避難してきた子供の写真は、目の下にクマがあり不健康そうでしたが、
おなじ子供の避難後一ヶ月の写真では、イキイキしていて健康そうな顔になっており、まったく人相が変わっていました。
放射能は目に見えないけれど、実際にあるんだと痛感しました。
これを機会に避難することにしました。

車に子供を乗せて、日本海側を通って岐阜に避難しました。
子供が行きたくないと泣きました。
東北からかなり離れた途中の休憩所で、娘が
「ここは放射能ないの、この石触っていい?」と聞きました。
なんてことはない、どこにでもある石ですが、いまは娘のリュックに大事そうに入っています。
放射能があるから触るな、と言いつづけることは、親にも負担です。
外でごく普通に遊べるといことは、本当にすばらしいことです。

フクシマの公園では誰も遊んでいません。
子供の健康のことを考えると、もどりたくありません。
中日新聞にはフクシマの子供の4割に甲状腺以上が見つかったという記事がありました。
一緒に避難したお母さんも涙目になって話をしていました。

自分たちはこちらに移転することを考えていますが、
子供が放射線のことでイジメられないかが心配です。
被爆したことのある人が、婚約を破棄された例もあると聞いています。

こちらにやってきてホテルに宿泊するときも、
宿泊拒否されるんじゃないか、ということが心配でした。
手続きをしている間もずと心配で、実際に部屋に案内されて、部屋に入ってしまうまで、
宿泊拒否されるんじゃないかと心配をしていました。

Q:避難に際して仕事以外での障害はなんでしょうか?
A:コミュニティの問題があります。
移住した先では子供にも友達がいないので新しい友達ができるか不安です。
母親たちにもママ友がいません。
知っている人も周囲にいないので不安です。
地域の地理などもわかりません。
同じ地域の人たちが集団で移住すれば安心です。
もともとすんでいた地域での人間関係が壊れることが心配です。
フクシマから離れることを「逃げる」といわれるのではないかと心配です。
自分たちも近所には移住することを話していません。
とても言える雰囲気ではありません。
フクシマでは放射能のことは話題にならないのです。

Q:コミュニティごとに移住する話はありませんか
A:高山にそのようなことをしている古民家があります。
有志のかたがやっているものです。
本当はそのようなことは行政がしなければいけません。
各市で100づつ受け入れなどをすればなんとかなるような気もしますが、
行政が動くには協定を結んで利面倒くさい手続きが多いです。
先日話をした年配の方は、むかしの戦争のときなどは集団疎開をしていたのだから、
いまもそうやって避難させればいいと言っていました。

Q:何十年かたって放射能が薄まったらフクシマに戻る気はありますか?
A:たとえば30年たったあとにフクシマに戻るかと言われても難しいと思います。
娘もこちらで30年たてばこちらでの生活があるでしょうからできないと思います。
政府は当初100ミリシーベルトまで大丈夫と行っていましたが、
あとで数値を見直しました。
パニックを避けるためにそのような値を発表したと言っていますが、
知らずに子供を外であそばせた人もいます。

こちらにやってきても、フクシマ産の野菜などは怖くて買えません。
でも子供は知らないので買い物カゴにいれてしまうのを、
母親カゴから戻したりしています。

こちらでは毎日放射能のニュースが流れています。
こっちの人は、現場にも情報が伝わっているとおもっていますが、
実際には伝わっていません。
マスコミや議員にも原発関連でお金が流れていると聞きます


今日にも新総理の野田総理が福島県に入ります。原発の現場にも訪問されるみたいですが、地元の方の情報を取り入れ正しい判断を下すことを願います。

ありがとうございました。感謝。

一番必要なサプリ ゼトックス

ご覧ください。 



一番必要なサプリ ゼトックス

「そう遠くないTOKYOの未来を描きました」という映像ですが・・・。一度は見ておくことをおすすめします。

この動画のエンドロールの最初に『現実に目を閉ざすものは、未来に盲目である』とあります。

沈静化などしていません。むしろこれから小動物や乳児から深刻な症状が出てくるでしょう。勇気を出して、出来る限り放射能から遠い生活を。

blind from YUKIHIRO SHODA on Vimeo.




ありがとうございました。感謝。


一番必要なサプリ ゼトックス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。